東京ガスTES給湯器エラー113の原因と対処方法

東京ガスTES給湯器が壊れた!
リモコンからファンワンワンと音がしてランプが点滅!
いつもは時計の表示なのに、113という番号が点滅してる。
ど・・・どうしよう。

心配する気持ちはわかりますが、まずは落ち着きましょう。
危ないとかガス漏れするとか、エラー113でそのようなことはありませんからね。

エラー113は暖房系統の点火不良というエラーコードです。床暖房とかお風呂場のバス乾燥器を点けたときに出るエラーになります。
機器の動き方として、床暖やバス乾燥器のスイッチを入れると、室外機はガスを燃やすために点火装置が火花をチチチチと飛ばす点火動作をします。
しかしガスが点火しない。
何度か点火動作を繰り返したあとで、給湯器が自動的にガスを止めてエラー113を出します。

ここまで理解できたら、次は室外機がどういう機器なのかを確認しましょう。
一戸建てによくあるのは、室外機が床暖やバス乾燥器専用の機器です。この場合は自分で復旧させる応急処置はほとんど出来ないので、ライフバルなどのガス会社へ連絡しましょう。

マンションなどの場合は、ひとつの給湯器でお湯もお風呂も床暖房も、全ての機能をまかなっていることがほとんどです。暖房系統でエラー113が出ているなら、台所でお湯を出してみてください。リモコンに炎のマークが出てお湯がしっかり出てきているのなら、暖房系統単体の故障ですので、とりあえず復旧させるという方法はありません。ライフバルなどのガス会社に連絡しましょう。
エラー113が出て、台所でお湯を出した時に給湯も出ず、リモコンにエラー111が出る場合があります。エラー113と111が両方出る場合は、何らかの原因でガスそのものが止まっている可能性があります。

ガスそのものが停止してしまっているかどうかを確認する方法は次の通り。
キッチンにあるコンロはガスコンロですか?もしそうなら、ガスコンロの火を点けてみてください。ガスが点火するのであれば、ガスは停止していません。給湯器の故障で間違いありません。ガスコンロも点かないのであれば、ガスメーターのところでガスが停止してしまっている可能性が大です。ガスメーターを見てください。赤いランプが点滅(点いたり消えたり)しているなら「マイセーフが作動している状態」です。
いつものライフバルさんに連絡するとガスメーターの復旧方法を教えてくれますから、家の外にあるガスメーターまで届く携帯電話などから連絡すると良いですよ。

 

まとめると
エラー113が出たときはまず、機器の故障かどうかを確認するためにガスコンロを点けてみる。火が点くなら機器の故障の可能性が高いのでライフバルなどのガス会社へ連絡を。ガスコンロも点火しないならガスメーターでマイセーフが作動している可能性が高いのでガスメーターを確認ですよ。