東京ガスTES給湯器エラー140の原因と修理金額

東京ガスTES給湯器が壊れた!
リモコンからファンワンワンと音がしてランプが点滅!
いつもは時計の表示なのに、140という番号が点滅してる。
ど・・・どうしよう。

心配する気持ちはわかりますが、まずは落ち着きましょう。
危ないとかガス漏れするとか、エラー140でそのようなことはありませんからね。

エラー140は、主にガスター(品番がIT-とかIDから始まる)というメーカーか、ノーリツ(品番がFT-とかFD-から始まる)の給湯器で出るエラー番号です。
エラー140の内容は温度ヒューズという安全装置の断線もしくは接触不良です。

原因はいくつかあって、温度ヒュースそのものの寿命であれば部品交換で修理してもらいましょう。温度ヒューズが切れてしまった原因が部品の寿命ではなく別の部品不良によって温度ヒューズを切ってしまったのであれば、その原因を特定し修理しなければ再発します。ライフバルなどのガス会社へ連絡して見てもらいましょう。
ちなみに修理費用ですが、温度ヒューズ単体の部品交換で2万円前後くらい。その他の部品が原因で、となるともっとかかります。

エラー140の場合はほぼ温度ヒューズ不良でして、以前紹介したエラー711の時のようにバイメタルスイッチの作動ではほとんどありません。修理にかかる時間も費用もそこそこの金額になってしまいます。
これら安全装置に関しては、ライフバルの社員さんは物凄い厳しい社員教育があるみたいで、「とりあえずその場しのぎで使えるように」なんていう行為は出来ないそうです。おとなしく、お任せするしか方法がないですね。