東京ガスTES給湯器エラー173の原因と修理費用

東京ガスTES給湯器が壊れた!
リモコンからファンワンワンと音がしてランプが点滅!
いつもは時計の表示なのに、173という番号が点滅してる。
ど・・・どうしよう。

はい大丈夫です。まずは落ち着きましょう。
危ないとかガス漏れするとか、エラー173でそのようなことはありませんからね。
エラー173は水漏れ(微少漏れ)というエラーです。

もし、あなたの家が集合住宅の場合は、下の家に水が行ってしまう可能性も無くはないです。
まあ、ほとんど心配ないですが。

できるだけ早めにガス会社に連絡して対応してもらいましょう。

エラー173(微少漏れ)が出る原因としては、いくつか考えられます。
多くは給湯器内部の水漏れです。

漏れが発生する場所はその機器によって年数によってケースバイケースですが、
エラー173については暖房系統の水漏れです。
床暖房とかお風呂場のバス乾燥機の系統です。

暖房系統といっても、部屋の中で漏れるケースはほとんどありませんよ。
給湯器内部で少量の水が漏れている可能性の方が高いと思われます。
ガス会社の担当者に見てもらいましょう。

エラー173を解消するための修理費用はいくら?
暖房水少量漏れと一言でいっても、たくさんの部品を通過するわけですので、その修理費用もメーカー別・機種別に様々です。
ですので、ざっくりとした修理費用になりますのでご了承くださいね。

まず出張料が2000~3000円
技術料は8000~12000円
部品代は200~数万円

一番わからないのが部品代ですね。
たとえばパッキンの消耗だとしたら部品代は数百円で済みます。
もし暖房水を循環させているポンプの水漏れであれば、部品代だけで安くて1万5千円。高いと3万円を超えます。

放置しておくのはあまり好ましい状態ではないので、ガス会社の担当者に見てもらうのが間違いないですよ。