東京ガスTES給湯器エラー632の原因と修理金額

東京ガスTES給湯器が壊れた!
リモコンからファンワンワンと音がしてランプが点滅!
いつもは時計の表示なのに、632という番号が点滅してる。
ど・・・どうしよう。

心配する気持ちはわかりますが、まずは落ち着きましょう。
危ないとかガス漏れするとか、エラー632でそのようなことはありませんからね。
エラー632の内容は、浴槽内のお水を給湯器が吸い込めなかったために出る表示です。

 

エラー632の場合は追い焚き時に出ることが多いエラーです。最近の給湯器はお風呂を沸かす時に、「自動(風呂自動)」とか「追い焚き(あたため)」などのスイッチがありますよね。そのボタンを押すと、給湯器側に入っているポンプがお風呂のお水を吸い込もうとして回転を始めます。ところが浴槽にお水が入ってなかったりすると、お水を吸い込めません。そこで給湯器側で空焚き防止のためにエラー632を出してお知らせしてくれるという訳です。
エラー632が出ずに、風呂に湯を張る給湯器もありますよ。風呂の水位がどんどん上がってきてしまいます。そしてある一定以上の湯を張ったあとに停止します。

 

エラー632についてはまず、ライフバルなどのガス会社に電話する前に確認した方がいい部分があります。出張料や説明のための技術料などを支払わないといけませんので、節約の意味でも先に見ておきましょう。
まずは浴槽の中にあるフィルターが汚れてないかを確認します。浴槽の中にあるフィルターとは、風呂自動や追い焚きをしたときにお湯が出てくる場所です。ほとんどのフィルターは丸い形をしています。フィルターを手で掴んで、時計と反対周り(正面から見て左方向)に回すと外れます。汚れが詰まってませんか?ほんの少しの目詰まりだけでもエラーが出ることがありますよ。
汚れている場合には網目になっている部分をタワシか歯ブラシなどでこすって水洗いをしてください。水の水圧だけでは、細かいことろまで取れませんから気をつけましょう。
これだけでエラー632が解消する場合があります。お風呂を沸かしてみてください。

 

次にエラー632が出る原因として考えられるのは入浴剤です。
適量より多く入れていませんか?炭酸ガスが出るタイプの入浴剤を、風呂自動や追い焚きの最中とか、風呂が沸いたあとの保温中に入れませんでしたか?心当たりがあるようでしたら、それが原因の可能性もあります。
対処法は浴槽に張った水を完全に抜きます。そして給湯器の運転ボタンを消してお湯も出ない状態にします。これだけです。
数分後に再度運転スイッチを入れて、通常通りに風呂の操作をしてみてください。

 

それでもエラー632が出るとか、そもそもフィルターが詰まってない場合はライフバルなどのガス会社に修理依頼をしましょう。
考えられる原因はフロポンプの不良とかスイッチ・センサー類の故障、もしくは蛇口から出る湯とフロに出す湯を切り替える弁などの故障が考えられます。あとはほとんど考えにくいですが、フロの配管が詰まっていることも可能性としてはあります。フロについては複雑な構造で動きますので、修理費用も「万単位」でかかると思いますが一概に◯◯円ですなどと断言できません。すみません!

 

まずはフロのフィルターを確認。入浴剤使用の有無。
最後にガス会社に電話ですよ。